アルム東海・保険相談|HOME よくある質問

よくある質問

自動車保険について

  • 子供に車を貸すとき、友達とドライブするとき、納車前に誰かの車を借りたいときに役立つ保険は
    ありませんか?

    一日自動車保険【ちょいのり保険】があります。詳しくはコチラをご覧ください。

  • 事故を起こしてしまいました。どうすればいいでしょうか?

    まず、あせらず、冷静になりましょう。ご自身およびお相手の身体の状態を確認してください。警察(110)、必要があれば救急(119)に電話をし、指示をあおいでください。その後、弊社にお電話をいただければ、担当者もしくは、近くにいるスタッフが現場に急行します。

  • 事故を起こしてしまいました。保険を使えば、等級が下がりますよね?

    一般的なノンフリート契約の場合、基本的には、保険事故1件につき翌年更新時の等級が3等級下がります。しかし、2012年10月1日以降始期契約から、等級すえおき事故は廃止され「1等級ダウン事故」として取り扱います。ノーカウントになるケースもあるので、お客様でご判断せず、弊社にご連絡ください。

  • 環境を考えて、エコカーに乗り換えを考えています。エコ割みたいなものはありますか?

    はい。弊社が扱っている東京海上日動火災保険には、電気自動車やハイブリッド車、圧縮天然ガス自動車の保険料が3%割引きになるEco割引(ハイブリッド車・電気自動車割引)がございます。適用の諸条件は、弊社までお問い合わせください。

  • 友人の車で事故を起こしてしまいました。自分の保険を使うことはできますか?

    はい。ご契約の保険に「他車運転危険補償特約」がついている場合、ご自分の保険を優先して使うことができます。

  • 住まいの保険について

  • 泥棒に入られました。このような場合でも補償されるって本当ですか?

    はい。お客様のご契約にもよりますが、補償される場合があります。火災保険は火災だけでなく、お住まい全体のリスクを補償する保険になりつつあります。水濡れが起きた、窓ガラスを割ってしまったなど、ちょっとしたことでも保険金を受け取れる場合がありますので、お気軽にご連絡ください。

  • 地震による津波や火災が心配です。このような場合は、どのようにすればいいですか?

    一般的な火災保険では、地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災は、補償対象外になります(地震火災費用保険金をお支払いする場合があります)。地震保険とセットで加入することをおすすめします。

  • 火災保険には入っていますが、地震保険には入っていません。契約期間の途中から地震保険に入ることは可能ですか?

    はい。火災保険の契約期間中でもご加入いただくことが可能です。

  • 傷害保険について

  • 傷害保険とは、どんな保険なのか教えてください。

    通勤や通学、仕事、家事、スポーツ、旅行、レジャーなど、日常生活中の急激かつ偶然な外来の事故によりケガをされたときに補償を受けられる保険です。国内だけでなく、海外で起きた事故も補償対象です。

  • 生命保険について

  • 生命保険を選ぶ際のポイントを教えてください。

    自分やご家族が求めているのは、死亡保障や資産運用なのか、医療保険なのかをまず見極めましょう。医療保険やガン保険の場合は、どんな病気が保障対象なのか、最大の入院日数、日帰りなど短期間入院は対象なのかを確認しましょう。

  • 告知義務とは、どんな義務ですか?

    生命保険に加入する際、過去の病歴や現在の健康状態について、告知しなければいけないことになっています。もし、重要事項を告知しなかったり、事実と異なる告知をした場合、保険契約の解除や保険金が受け取れないケースも出てきてしまうので、正確な告知をお願いいたします。

  • ガン保険加入後、すぐにガンで入院を宣告されました。保険金は受け取れますか?

    ガン保険の場合、加入から90日後に保障開始となります。ご了承ください。

  • 子ども保険は、いつから契約できますか?

    弊社取り扱いの東京海上日動あんしん生命の場合、出生前であっても、出生前加入特則を適用することで、出生予定日の140日以内であれば、ご加入いただけます。ちなみに最大の加入年齢は9歳になります。